失敗事例を学んで成功法を学ぶ【知識を得てアパート経営で大成功】

女性

失敗例を知って回避する

お金

利回りの良さも特徴

最近は投資家だけでなく、サラリーマンや定年退職者といった様々な人がマンション経営に乗り出しています。マンション経営には他には無い経営の特徴があり、リスクも含めて知っておきたい点が多数あります。まず特徴の1つ目として、利回りの良い貯金性商品としての性格を有している点です。様々な条件に左右されますが、家賃の利息換算をするとおよそ5%前後が一般的です。超低金利時代において、この5%という数字は破格であるのは、言うまでもありません。そして2つ目の特徴に、マンション経営は年金として運用ができる点です。生涯にわたって毎月定期収入を得ることも十分可能です。3つ目の特徴が、万が一マンションのローンを組んだ本人が倒れても、団体信用保険によって無借金の資産を家族に残せるため、生命保険としての性格もあります。

サブリース契約も慎重に

ミドルリターンが期待できるマンション経営は魅力的な不動産投資の一手段ですが、同時にリスクも多くあるのでよくある失敗例なども合わせて、知っておくことが経営成功のためのコツとなります。まずリスクの1つが、入居者が集まらないというリスクです。理由は様々ですが、入居者募集を委託した管理会社がまともに募集しなかったり、賃料が相場に見合っていないなどが考えられます。そしてこのリスクを回避するために、サブリース契約を結ぶ大家も多いですが、このサブリース契約でもリスクが存在します。それが家賃引き下げによる収入悪化で、数年後との賃料見直しがその原因です。特にオーナーとサブリース会社の双方の賃料収支の見通しなどが甘いと、賃料を引き下げざる得なくなり収支が悪化するので、サブリース契約に関しては賃貸管理の実績のある会社を選ぶべきです。